脱毛コラム

脱毛営業マン歴10年の調査員が本気の徹底評価「クリアSP」編

クリアSPブースへ訪問

実際本気で脱毛機を購入したいので、調査を兼ねながら自分にとって本当に理想の機械なのか、ちゃんと対応してくれる会社なのか?と検証してまいりました。

ビューティーワールドジャパンで「クリアSP」のお話を聞いてきました。

まずは会社の雰囲気調査。

全体的に少しバタバタしていたのでしょうかお疲れ気味のようでした。
私を担当してくださった方は、雰囲気も素敵な営業の方でしたが少し残念。。

私と話をしている最中も、「何か気になるのか常に他に意識」がいっていらっしゃいました。すごく真剣にこちらは聞いていたのでとても残念になりませんでした。

やはり皆さん疲れていたのでしょうか、他の営業の方もぶつかっても何も声をかけないなど少し対応の粗さが目立ちました。

「営業は接客が命」というほど大切ですからね。全体的に、もう少しだけ心配りをしてくださると嬉しいなぁという感じでした。

 業務用脱毛機はサロンの要となり、決して安いお買い物ではありませんからね。


買う前から対応の粗さを感じてしまえば、「購入した後、仮にもし壊れた際にはきちんと対応をしてくれるのだろうか?本当に大丈夫なのだろうか?」

と不安な気持ちになってしまいます。

パワーをあげればショット単価が2倍

1ショット単価0.18円だが、ひげ脱毛時は1ショット0.36円と何故か2倍に。

その理由について尋ねたところ、

ひげ脱毛照射時は、パワーレベルをあげるためショット単価が2倍にあがる
という返答でした。

従来の脱毛法であれば、黒い毛など色素が濃い毛や太い毛へ照射する際は「熱さや痛み」を感じやすいため、それらを軽減させるために「弱めるのが一般的」とされております。

つまり一般的にはヒゲなどの照射は光を弱めるのですが、クリアSPは真逆で強めるということだそうです。
何故?という疑問が生じたため、更に質問させていただくと
「強くするのは効果をしっかりと出すため」ということでした。

反対にレベルが弱いと効果がでにくいようです。

ちなみに通常他社機械は、「パワー量を問わず1ショット◯円という計算をしていくのですが、
クリアSPのように「パワー量によって1ショット◯円」と単価が異なるということは「総ジュール数にて計算する」ということになります。

そのため実質、レベル弱めでやらなければ1ショット単価が高くなってしまうでしょう。

 

往復しなくてもいいというのは魅力的ですが、

結論的には効果を出すにはレベルをあげれば単価があがります。

「結果を出すなら1ショット単価が高く」なり、「価格を安くあげるなら効果がない

 

トータルで考えるとまだまだ発展途上なのかなと感じましたね。

3独自理論「THR方式」

このクリアSPは、IPL脱毛に近い脱毛方式のようです。

IPL脱毛ながら、高速連射ができると捉えたらよいと言われましたが、なぜか産毛などにも反応できますとお話をされていました。SHRであれば確立されておりますが、新しい方法となると年数も短いため実際の効果を発表するにはまだ早いのではないかと感じました。

往復照射不要

連射時の熱が下がらないため、往復照射が不要ということですが実際の効果はどうでしょうか。

クリアSPは大手サロンで言えば「恋肌」にて使用されています。

恋肌の口コミ等を確認したところ、恋肌の口コミとしては比較的高評価のところが多いですが、効果についての口コミは少ない印象です。

4速さと痛み

クリアSPの魅力「高速連射」ですが、クリアSPは1秒間に最大6ショットなため、さほど速くはありません。

全身脱毛所要時間としては大体30分程度ということでしたが、往復しないとしても、時間はもう少しかかるのではないでしょうか。

痛み

痛みもIPL脱毛ほどの痛さはないということ。

体験をさせてもらったが、その時25ジュールレベルで若干熱さを感じました。

毛のない箇所への25ジュール。

フィルターのは交換式のものということでしたが、デモ機なので変更していないと思うので、体感としては若干熱量を感じやすいのかと思います。

全身脱毛を連続何人もした場合は、冷却効果への心配が予想されます。

5まとめ

コンパクトなので狭いサロンには最適かと思います。

ただコンパクトゆえ冷却機能がしっかり備わっているのかという点も微妙となります。購入を検討されている方は、しっかりと長めにデモ機にて照射をさせてもらってください。

皆さんもこういう点を踏まえて、確認してくださいね。

脱毛コラムカテゴリ 最新記事