サロンと脱毛 |
業務用脱毛機の比較やランキングサイト

業務用脱毛機 
導入シミュレーション

業務用脱毛機の比較|サロンと脱毛。では、サロン経営者様向けの導入シミュレーションをご用意しました。
店舗構成や営業時間、時間単価等で異なるため、導入金額?を知っておく必要があります。
そこで、営業形態と機種を選択するだけでコストが計算できる「人気機種簡単シミュレーション」と、ランニングコストなども含めて計算できる「詳細シミュレーション」をご用意しました。導入の目安となる金額を確認してみましょう。
細かく設定することで
詳細なシミュレーション結果が算出出来ます。

業務用脱毛機 アクセスランキング

売れ筋ランキング第1位

ルミクス-A9

世界的デザイナー「中島 篤」氏がデザイン監修の人気機種ルミクス-A9
ルミクス-A9
株式会社エストラボ
業界初のBBLフォトフェイシャルを搭載したルミクスシリーズの最新最高位機種。全身脱毛12分&ダブルクーリングシステム搭載で壊れにくい脱毛機を実現。業界最高値の機械ながら最強コスパで、お客様が増えれば増えるほどお得
売れ筋ランキング第2位

ルミクス-TWIN

驚異的スピード&最強200VパワーのSHR脱毛機。1ショット0.1円ランニングコスト
ルミクス-TWIN
株式会社エストラボ
SHRの元祖ルミクス。全身脱毛12分の高速連射式SHR脱毛機。ツインクーリングシステム搭載で安心安全壊れにくい脱毛機。導入費用は高くても、業界唯一の最強コスパで、お客様が増えれば増えるほどお得
売れ筋ランキング第3位

GSD sh150ws

1台で数役こなす世界最高水準業務用脱毛機。世界70か国での導入実績
GSD sh150ws
株式会社グローバルエームズ
大容量コンデンサー搭載で、1秒間に最大10ショットの照射が可能。圧倒的速さで回転率UP。

業務用脱毛機 最新型ランキング

注目度ランキング第1位

ルミクス-A9

世界的デザイナー「中島 篤」氏がデザイン監修の人気機種ルミクス-A9
ルミクス-A9
株式会社エストラボ
業界初のBBLフォトフェイシャルを搭載したルミクスシリーズの最新最高位機種。全身脱毛12分&ダブルクーリングシステム搭載で壊れにくい脱毛機を実現。業界最高値の機械ながら最強コスパで、お客様が増えれば増えるほどお得
注目度ランキング第2位

CLEAR/SP-ef

往復不要で、全身脱毛20分が可能に。
CLEAR/SP-ef
株式会社NBS
1ショット0.18円・新モードで一定の光を照射することが可能になり、連射式でも効果のでる光を実現。
注目度ランキング第3位

Leap WP

リーズナブルで高機能な業務用脱毛機器
Leap WP
株式会社エクレーヌ
高い安全性(最大7Jの低出力)・男性のヒゲにも対応する確実な効果・1秒間に3発の高速照射・低価格&低コスト・出力エネルギーやデザインのオーダーメイドが可能

業務用脱毛機 満足度ランキング

満足度ランキング第1位

ルミクス-A9

世界的デザイナー「中島 篤」氏がデザイン監修の人気機種ルミクス-A9
ルミクス-A9
株式会社エストラボ
業界初のBBLフォトフェイシャルを搭載したルミクスシリーズの最新最高位機種。全身脱毛12分&ダブルクーリングシステム搭載で壊れにくい脱毛機を実現。業界最高値の機械ながら最強コスパで、お客様が増えれば増えるほどお得
満足度ランキング第2位

ルネッサンスGTR

純国産高速美容ライト脱毛機。ルネッサンスシリーズ一番人気GT-R
ルネッサンスGTR
株式会社コンフォートジャパン
高速IPL連射式脱毛。0.5秒、0.7秒、0.9秒の3種類から選択可能。
満足度ランキング第3位

NEQST

業界唯一の冷却ジェル・保冷剤「完全不要」脱毛機
NEQST
エターナル株式会社
全身脱毛40分前後とスピーディー・スライド(蓄熱)式にはない抜群の抜け。VIO、ヒゲなど痛みが強い箇所でも驚きの体感

格安業務用脱毛機「ライエンス2」の威力とは?徹底調査して見えてきた実態

格安業務用脱毛機「ライエンス2」の威力とは?徹底調査して見えてきた実態

激安なライエンス2

現代は、ムダ毛のお手入れはサロンでするのが常識!

10代の女の子からシニア世代の女性まで、セルフケア→脱毛サロンにシフトする人が増えている現在、エステや美容室でも脱毛機を導入しているお店も少なくありません。脱毛専門のサロンに負けないくらい、高性能の機械を使っているお店もあるほどです。


そんな「脱毛サロン戦国時代」ともいえる今の時代を生き残り、さらに他社に差をつけるために大事なことは何か?

それは、一にも二にも脱毛機です。

コスパが良く、高性能で、メーカーのアフターフォローやサポート、保証がしっかりしている脱毛機。そんな脱毛機を選ぶことこそが、サロンの今後を左右します。


さて、今回調査した脱毛機は「ライエンス2」です。本体価格1,360,000円という値段は、業務用脱毛機の中では格安ですが、性能や実際の使い心地はどうなのでしょうか?

安くて性能の良いパーフェクトな脱毛機なのか、安かろう悪かろうの脱毛機に過ぎないのか……。

いくつもの脱毛機を比較してきた、当サイトの編集部スタッフが、実物を見て手で触れ、メーカー側にも問い合わせを重ねて調査したライエンスⅡの実態を余すところなくお届けします!

ライエンス2の特徴

まずは、ライエンス2の特徴を解説していきます。ライエンスからさらにグレードアップした新機種は、どのようなマシンなのでしょうか?

 
業界最安値!本体価格136万円!

業務用脱毛機の価格帯は、ほとんどが300万円以上。中には600万円を超す機種もあります。200万円台になると、相場より安いという印象でしょうか。
ライエンス2の136万円は、価格破壊といっても過言ではないお値段です。脱毛サロンを始めたい、あるいは自分のサロンに脱毛機を導入したいけれど、業務用脱毛機は高額すぎて手が届かないと感じているサロンオーナーの救世主といえるでしょう。


全身脱毛が最速15分!?驚きの高速脱毛

ライエンス2は、1秒間に10ショット×10連射!視認できないほどの速さで、全身脱毛最速15分を実現しています。 これまで、全身脱毛にかかる時間といえば通常2~3時間、速くても1時間が当たり前でした。 時間がかかりすぎると、利用者側も、まとまった時間がある日でなければ予約を入れられません。施術中はずっと1台のベッドを占領することになるので、サロン側はそれ以上の予約を受けることができません。 全身脱毛15分=回転が早く1日の予約枠が他社の4~5倍にもなるということなのです。

メリットだらけの蓄熱式脱毛

これまで脱毛サロンのマシンはIPLが主流でしたが、ライエンスⅡは蓄熱式脱毛機です。 蓄熱式脱毛の主なメリットは、以下の5つ。

●毛周期に関係なくどのタイミングでも脱毛できる
●産毛や白髪にも効果を発揮できる
●痛みを感じにくい
●色黒肌やホクロ・シミにも照射できる
●効果が長く持続する

脱毛機の新機種が続々開発されていますが、サロン・クリニックともに蓄熱式を導入するところが増えています。 これから脱毛分野に新規参入するというサロンオーナーにとって、ライエンスⅡは、まさにぴったりの脱毛機といえるのではないでしょうか。


3つの機能を搭載したマルチ脱毛機

ライエンス2に搭載されているのは、OPT/IPL/RFの3つの機能。肌質や毛質・毛量に合わせて、最適な脱毛を進めていきます。

●OPT…蓄熱式
●IPL…光エネルギー
●RF…ラジオ波

OPTモードは、肌に負担なく産毛や金髪もOK。IPL+RFモードは、強い光で頑固な剛毛にアプローチします。
 


IPLモードでも痛くない冷却機能

蓄熱式脱毛に比べ、黒い毛に反応して強い熱を与えるIPLは痛みを感じやすいといわれています。ライエンス2は、IPLモードの時にはヘッドを-10度以下まで冷やすので、従来のような痛みがありません。 蓄熱式のOPTモードはもちろんのこと、全身どこを施術しても痛みの少ないストレスフリー脱毛が叶います。 ※完全無痛ではありません。
 


コスパ最強!1ショット0.2円

ライエンス2はコストパフォーマンスも最高です。 なんと、1ショットが0.2円。本体価格が安いと、その分ショット価格が高いのでは?と思ってしまいがちですが、ライエンス2はどちらも最安級です。導入する経費も、使用していく上でも経費も抑えられるんですね。
 


ITAAの安全認証を取得済み

ライエンス2は、ITAA(一般社団法人・国際セラピスト認定協会)の安全認証を取得しています。ITAAの審査項目は、安全機能審査や光測定審査など多岐に渡るもの。 低価格・高性能でありながら、さらに安全性も確率されているのがライエンス2なのです。

見て、触れて、話を聞いて浮かび上がった実態

これだけのメリットがあるライエンス2ですから、今すぐにでも脱毛サロン界の主流になっておかしくなさそうですが、実はデメリットもあります。実態を調査してわかってきたことを、5つに分けて解説します。


OPTモードの謎

蓄熱式脱毛というと、「SHR」という言葉がよく知られています。ライエンス2も蓄熱式ですが、OPTモードという聞きなれない名称で呼ばれています。 これは、SHR【Super(スーパー)/ Hair(毛)/ Removable(除去する)】という脱毛方式を使えるのが、別の蓄熱式脱毛機を扱っている某会社のみだからです。ライエンス2を扱う株式会社WAARMラボラトリーでは、「SHR」を使えないため、独自で「OPTモード」と表現しているわけです。 機能としてはSHRと同じということになりますが、そこに関しては公表されていないため、実際のところは不明です。

内部部品について

脱毛機にはたくさんの細かい部品が内蔵されていますが、ライエンス2は、その1つ1つのスペックがやや劣っているという落とし穴がありました。

●コンデンサー…他に比べて小さいため、蓄熱・熱放出のパワーが劣る
●フィルター…脱毛用/フォトフェイシャル用の2枚しかない
●冷却ヘッド…不具合が起きやすい。修理に出される一番の要因が冷却ヘッドの故障・断線

全身脱毛最速15分とのことですが、あくまでも「最速」であり、実際には60分以上かかるという話も聞かれました。 本体価格が安いのは、やはりそれなりの理由があるという印象。 「故障は多いか?」という問い合わせには、「機械なので……」と返答でしたので、決して少なくはないと推測できます。 ライエンス2の冷却ヘッドにまつわる情報とは IPLモードにした時に-10度以下にまで冷やすことができる冷却ヘッド。ですが、不具合が多いのは気になります。 冷却ヘッドが冷えないと照射面が厚くなり、火傷のリスクにつながってしまいます。 ヘッドが熱くならないか心配な場合は、高めに設定して全身施術を連続してさせてもらうのがおすすめですが、実際に利用客がそれをOKしてくれるかはわかりません。 ちなみに、冷却機能があるものの施術時のジェルは必須です。こちらは、どんな種類のジェルでも問題ないそうです!

使い勝手は良くない?

ライエンスⅡのスポットサイズ(実際に肌に当て光を照射する部分のサイズ)は、10mm×50mmです。わかりやすく例えると、成人女性の小指と同じくらいの大きさでしょうか?これは、現在主流の脱毛機に比べてかなり小さいサイズです。 スポットサイズが小さいわりには、その周りや持ち手部分が大きいので、細かい照射部分が見えにくく、小回りもききません。 実際に脱毛機を扱うプロに話を聞くと、使いづらいとのことでした。

肝心のアフターフォローは…

脱毛機メーカーによっては、マシン初導入に際して経営ノウハウなどのフォローやサポートをしてくれるところがありますが、ライエンスⅡに関しては、その点が不確かです。資料に記述はなく、実際の話でも触れられることはなく……。 カスタマーセンターは土日祝日もOKですが、直接ではなく、担当の営業さんにつながります。マシンの故障や不具合が起きた時に、専門的な細かいことを対応してもらうには、ちょっと心細いですね。 (余談ですが、ライエンスⅡへのクレーム案件上位は営業マンに対する内容だそうです……)

OPTモードとIPLモードの切り替え

ライエンスⅡは、産毛の脱毛や色黒肌への照射はOPTモード/黒くしっかりしたムダ毛の脱毛にはIPLモードと使い分けていますが、ここにも落とし穴があります。 IPLの光は、皮膚表面に生えている毛にしか効果がありません。自然と抜け落ちつつある退行期の毛や、発毛したばかりでまだ毛穴の奥に留まっている毛には、光を当てても意味がないのです。 つまり、毛周期にかかわらず1ヶ月に1回の施術が可能というのは、あくまでもOPTモードで照射する部分のみ。それに合わせてIPLモードで照射した部分は、脱毛期間が完了した後もムダ毛が残ってしまう可能性があるんですね。 ちなみに、男性のヒゲなどの濃い毛にはIPLモードを使用するとのことですが、本当に効果が高い蓄熱式脱毛機であれば、脱毛方式を変える必要はありません。

蓄熱式脱毛のNo.1機種は?

蓄熱式の脱毛機を導入したいオーナーさんにとって、ライエンスⅡが駄目ならどの機種を選べば良いの?という疑問が出てくると思います。

そこで今回、展示会でもっとも注目を集めていた蓄熱式脱毛機を紹介しましょう。No.1人気の「ルミクス」です。

ライエンス側も認める「ルミクスA9」

現在、蓄熱式でもっとも効果が高い脱毛機が株式会社エストラボのルミクスシリーズ。中でも、最新機種のルミクスA9はSHR脱毛機の最高峰と呼び声の高い脱毛機です。 その性能の高さは、ライエンスⅡを扱うライバル社であるはずの株式会社WAARMラボラトリーでさえも認めているほど。本体価格は480万円と高額ですが、業界内では「それ以上の価値あり!」と噂になっています。

ルミクスA9のコスパ

本体価格はライエンスの約3.5倍のルミクスA9ですが、ショット単価はなんと0.1円。ランニングコストの良さは、数ある脱毛機の中でもトップクラスでしょう。 最速で1秒間に10発照射&10秒間に1,000本の脱毛を可能にしたルミクスA9は、さらに、他社とはパワーもケタ違いです。 一般的な脱毛機が100Vであるのに対し、ルミクスA9は200V。パワーが違うので、連射モードでも最後までパワーが落ちません。 パワーが弱い脱毛機では、高速連射モードにすると最後の方には威力が落ち、その分脱毛効果も弱まってしまうのです。ルミクスA9にはそのような心配がないので、全身脱毛最速30分というスピードながら効果が高いのです。 コスパが良い・照射が速い・効果が高いルミクスA9は、サロン客が来れば来るほど売り上げにつながります。導入後の経営サポートや保証もしっかりしているので、サロンオーナーにも好評です。

まとめ

今回調査してきたライエンスⅡですが、本体価格が安く性能も及第点!ですが、細かい部品の部分や耐久性の部分で、ちょっと残念な点も見つかりました。

思い切って新しい脱毛機を導入するのなら、購入費の「元を取る」のではなく、長い目で見てサロン経営をしっかり支えてくれる機種が良いですよね。


蓄熱式の脱毛機は、もちろんおすすめ度◎です。せっかく投資するのなら、ライエンスだけではなくいろいろな脱毛機を調べて、納得のできる機種を選びましょう。

当サイトでは、あらゆる脱毛機の調査結果や比較結果を掲載しています。ぜひチェックしてみてくださいね。

連射のパイオニア「リオキシー」が実は連射式脱毛機ではなかった!?実話を元に徹底調査

連射のパイオニア「リオキシー」が実は連射式脱毛機ではなかった!?実話を元に徹底調査

リオキシーの真実

現在発売されている業務用脱毛機の数は国内だけでも何十台もあります。その中でも今回は、エステティックアワード2018年ビューティアイテムの殿堂入りを果たした「リオキシー」を取り上げていきます。

 

そんなリオキシーですが、こんな噂が。

リオキシーは実は連射式脱毛機ではない!?」この真相も徹底調査してきました!!

業務用脱毛機選びをされていらっしゃる方は是非ご一読ください。

業務用脱毛機を買う前に

まず、脱毛サロンを運営する上で「一番大切な業務用脱毛機」

この脱毛機選びが、あなたのサロンの今後の運命を変える鍵となるといっても過言ではございません。

 

そのため業務用脱毛機選びは、買い物をする時のように簡単に決める!などは言語道断です!!


しかし、きっとそのような方は少なく、大半の方は機械選びに苦戦しているのではないでしょうか。

 

そんな難しい業務用脱毛機、あなたはどんな基準で選んだらいいと考えていらっしゃいますか。

 

業務用脱毛機選びのポイント

選ぶポイントは、いろいろな要素があるかと思います。

 

例えば、

「機械本体代金が安い」

「コストパフォーマンスが良い」

「機械の性能が良い」

「アフターフォローがしっかりしている」

「冷却効果が高い」

「消耗品が安い」

「機械メーカーがしっかりしている」

「経営フォローをしてくれる」

このように取り上げると数多くございます。

 

では、あなたはどれが一番重要と思いましたか?

 

実は、一番初めに多くの人が「重要なポイント」として取り上げるのは、

やはり「本体代金」のようです。

この結果に、大きく頷いている方も多いのではないでしょうか。

 

実際今回ご協力いただいた某脱毛サロンのU先生も、リオキシーを購入されたきっかけはやはり「本体代金」だったようです。

 

今回のリオキシー調査は、そのU先生の実話を元に、

U先生のリオキシー購入を悩み始めたきっかけから〜リオキシー導入後の実際の状況など、「本体代金を決め手」に決意を固めていった様子を交えながら解説していきたいと思います。

某脱毛サロン経営者の決意

某脱毛サロンU先生は、5店舗以上を経営されるオーナー兼先生。サロンではもともとエステしかしていなかったようですが、今の顧客の需要から考えるとやはり「脱毛の導入は不可欠」ではないか?と思い始め、2年前に脱毛機の導入を検討し始めましたのです。

 

実際脱毛機選びで悩んだ機械

業務用脱毛機を決めるにあたって、とにかく情報収集を始めたU先生。

先生の中では、3つの候補が上がったそうです。詳しくみていきましょう。


A脱毛機

まず悩んだのは、某業務用脱毛機A。


最新脱毛法の最新業務用脱毛機なのに、本体代金が破格の値段。その上コスパがかなり良い!!と言われている機械。

安くてコスパが良い!なんて夢のような機械!と当然気になり、この脱毛機を使用している先生が知り合いに何名かいたので尋ねたところ、「新しい脱毛方式だからなのか効果が感じられない」という衝撃な返事が返ってきたそうです。
その上コスパが良いというのをアピールポイントとして営業をガンガンしていたのに、「とにかくコスパが悪い」と追い打ちをかける返事。購入された知り合いの先生が可哀相でしたが、おかげで勉強になったそうです。


B脱毛機

次に悩んだのは、某業務用脱毛機B
こちらは今一番売れている人気の脱毛機。ただ、ここの機械は本体代金がとにかく高い。調べて見ても高スペックだし、他社よりも群を抜いて良い性能を持ち合わせている機械ということが分かりました。

ただ、一度に何台も買わなければいけないU先生の場合、導入資金面を考えて悩んだようです。この業務用脱毛機Bを使っていらっしゃる方もいらっしゃったようで同じように尋ねたところ、「効果も高いし、コスパが良い!」とのこと。

この時点で、U先生は、「お客様を呼べる機械を購入して回転率をあげることが可能であれば機械代なんてすぐ元が取れる」という考えにはならなかったようで、業務用脱毛機Bは、金額面で断念したそうです。

本当に後悔していると嘆いていらっしゃいました。


リオキシー

U先生が購入した業務用脱毛機「リオキシー」
本体代金、最新方式、コスパ、速さ、そんな広告がきっかけとなったようです。

 

3社比較

せっかくなので、3社の詳しい比較表を見ていきましょう。

 

 

業務用脱毛機A

業務用脱毛機B

リオキシー

脱毛方式       

THR脱毛方式

SHR脱毛方式

NPL方式

用途

脱毛・光フェイシャル

脱毛・フォト美顔・BBL・バストケア

脱毛・フォトフェイシャル・バストケア

フィルター

合計6枚
脱毛とフェイシャル用フィルター

合計6枚
脱毛とフェイシャル用フィルターIPL:420,510,560,640~1200
SHR:690〜950

内臓

冷却方式

ペルチェ素子
水冷
空冷

水冷
ペルチェ素子
TEC(新型強力冷却システム)

水冷式
ペルチェ

ハンドピース

1本

2本(各100万発

2本(各40万発)

秒数

1秒間に6連射

1秒間に10連射

1秒間に10連射

1ショット単価

0.18円

0.1円

0.6円

全身単価

約360〜720円

約200円

1260円

ランプ交換

188,000円(税別)
照射レベルによって単価が異なるため何発保証は無し

100,000円(税別)
1,000,000発

240,000円(税別)
400,000発

照射面

クリスタル

クリスタルサファイヤ

サファイヤ

スポットサイズ

15×50mm

IPL:15×50mm
IPL+RF:12×35mm

15×50mm

ヘッド冷却温度

最大−15℃

-4℃〜+10℃

0℃

光源

特殊オリジナル

キセノンランプ(ドイツ・ヘレウス社製)

キセノンランプ

消費電力

1650W

2400W

2400W

電圧

110V

200V

100W


リオキシーのメーカーPRポイント

「リオキシー」どんなPRポイントがあるのでしょうか。

実際リオキシーを販売しているグローバルサイエンス公式の「PRポイント」と「実際の見解」を合わせてみていきましょう。 


最新の脱毛方式NPL

リオキシーの脱毛方式はリオキシー独自の方式「NPL(ニューパルスライト)方式」と呼ばれる脱毛方式となります。最新方式と聞いたから「古いのより最新方式が1番いいのでは!」と感じたようです。

→実際は、グローバルサイエンス独自見解の脱毛方式のため、IPL脱毛方式やSHR脱毛方式というようなしっかりとした理論が出されているものではないため検証するのは難しいと言われております。

連射式のパイオニア

連射式脱毛方式のパイオニアがリオキシー。パイオニアと聞いて「すごい!」歴史が古いんだぁと感じたようです。説明を聞いている時も、連射式の実績を数多く積み上げているということを営業さんが熱く語っていたため安心感を感じたようです。

→実際は、残念ながらリオキシーがパイオニアではないようです。

確実な結果を出す光。しかも1ショット0.6円

重ね打ち不要な低ランニングコストで全身1回コストが1,260円。広告の「確実な結果が出るのに往復しない連射」という言葉に惹かれました。説明の際、「他社の連射式脱毛機は往復照射するから、低コストと言っても結局高いんですよ」と聞き納得して、リオキシーは安いんだ〜と感じたようです。

→ただ、実際は高速連射が不可。こちらは別の項で説明していきます。
ちなみに1回コストは正直もう少しかかるようです。

施術時間30分

全身脱毛所要時間が30分。「これは連射式のパイオニアだからできる高速連射です」と案内されたそうです。1秒間に10連射の最速スピードだから、全身脱毛の所要時間の大幅な短縮が可能且つ連射式のパイオニアだから高速脱毛をしても安定した熱照射が可能!
連射式脱毛機の効果の低さを心配していたため、リオキシーは凄いんだ〜と感じたようです。

→実際は、高速連射が不可。30分どころか全身脱毛90分ほどかかるようです。

ヘッドの冷却効果

ヘッドに霜が降るほど冷却効果が高い!だから痛さも軽減。
霜が降るほど冷却機能が高いということは本体の冷却性能も高いのでは?それなら安心と感じたようです。

→実際は霜どころか真逆です。こちらも別の項で説明していきます。

太い毛はもちろん、産毛にも効果

従来の脱毛方式であれば、黒い毛や太い毛などの色素がある毛にしか反応することができなかったけど、リオキシーの最新脱毛なら、産毛にも効果あり!
これならお客様を満足させることが出来る!と感じたようです。

→実際は産毛どころか、普通の毛への効果も感じにくい。お客様の体感が薄いそうです。

顧客回転率10倍

照射スピードが10倍以上と高速脱毛が可能だから、顧客回転率も10倍。
それならお客様の集客さえうまくいけば、一日に多くのお客様をお迎えできる!!と将来のハッピーな経営状態を思い描いたようです。

→実際は高速連射が不可なため、この夢は夢で終わりになったそうです。

消費電力2400W

リオキシーの消費電力は2400w。パワーが強力!

→表で確認してもらうと分かるように、電圧は100V。しかし消費電力は2400Wと記載がありますよね。200Vの電圧の脱毛機でなければ、2400Wのような強力なパワーを出すのは難しいです。何故このような表記となっているのでしょうか。

メーカーポイントのまとめ

というように公式に掲げていた内容は実際とは異なるようです。

上記のような実情は、当然購入前のU先生は全く知らないので、このメーカーPRポイントに惹かれていったようです。

ではなぜ、U先生が3種類の中からリオキシーを選んだのか、ズバリ!聞いてみました。

 
 U先生がリオキシーに決めた理由

①A脱毛機は、安いけど、効果がなくコスパが悪い。
②B脱毛機は、高性能で効果もコスパも抜群だが、とにかく本体代金が高い。
③リオキシーは、このA脱毛機ほどは安くないが、B脱毛機のように高くはない。

更には、低ランニングコストな上に顧客回転率も10倍と理想的だったようです。

導入資金を抑えたいという思いが先生には強かったため、やはり「本体代金が決め手」となったようです。もっと安い機械もみたようですが安すぎると不安だったため、リオキシーはちょうど払えそう〜というベストな感じだったようです。

リオキシー購入後の真実

U先生は、リオキシーを注文してから、お客様で溢れるサロンを夢見ながら、リオキシー納品を心待ちにしていたようです。

しかし、実際はどうなったのでしょうか。

連射ではなく単発照射

一番メインと言われていた連射機能について、購入後衝撃の事実を伝えられました。

機械研修の際、
連続で照射していくと熱くなるため、単発打ちにしてください」と。

 

正直、何を言っているの?と驚きと怒りが・・・。
しかも、その説明を平然としているスタッフさんにも本当に驚きました。

リオキシーは連射機能だったのでは??とU先生自身、頭の中が???でいっぱいになったそうです。


「1秒間に10連射ができるから回転率が速いから売り上げも上がる」
「連射機能のパイオニア」等、

とにかくアピールしていた連射機能なはずなのに、それが全くの嘘だったようです。

連射ができないとどうなる?

連射をしないため、当初の予定より施術時間が3倍以上かかる計算となります。

従来の単発照射の機械を購入していたなら、その考えの中で経営計画を考えていたと思いますが、当然リオキシー購入においての経営計画は「業界最速1秒間に10ショット」の最速ポイントを元に計算していらっしゃったU先生。

回転率をあげることで、顧客を増やす!という計画が見事に崩れてしまったそうです。

「お客様をたくさん呼ぶ」という夢は叶わなくなってしまいました。

 

ヘッドが熱くなる

上記連射ができない最大の理由がヘッドが熱くなるということです。
ヘッドが熱くなるということは当然本体の冷却機能がしっかりしていないということに直結していきます。

連続照射の場合はずっと機械を使用していた場合、多少熱くなるのも仕方ないのかな?とも思いますが、講習の際に「熱くなるから連射ではなく単発で照射してください」と説明があったということは、U先生が感じたように「正直詐欺」という言葉にも納得してしまいました。

本来メーカーとしては、購入する前にいうべきであるのでは?と思いますよね。

実際の使用感としては、単発でも熱くなりやすいため、少し待機してヘッドを冷やしながら施術をしているようです。

お客様の満足度が低い

百歩譲って、単発は許したとしても、これが一番許せません。とおっしゃっていたのが、

「お客様の効果の実感が少ない」

ということ。効果を感じられないという声が多いため、お客様の満足度がとにかく低いようです。
その上、時間もかかるため、メリットを感じられないとU先生。

最新脱毛方式「NPL方式」ということで期待をして購入したのに、SHR脱毛のような効果どころか、IPL脱毛方式の効果でさえ感じられないという残念な結果に。

新しい脱毛方式。まだ確立されていない脱毛方だからなのか結局どちらの効果も出せずじまいの仕上がりとなってしまったのかもしれませんね。

もっと詳しく調査したかったのですが、残念ながら、IPL脱毛方式でもSHR脱毛方式でもないリオキシー。他機種がないから「効果がない」については検証不能という結果に。

リオキシー体験の話

高速連鎖のパイオニア。残念ながら、そのセールストークは真実とは全く違いました。

後日、他の先生からリオキシーを試しました!という連絡があったためお話を伺がいに行きました。その先生はデモをしてもらったようですが、デモの際「高速連射が売りのはずなのに、何故か高速連射をしてくれなかったんですよね〜」とおっしゃっていました。その先生は高速連射のスピードを知っていたため、遅いなぁと感じ、

話との相違に違和感を感じてお断りしたそうです。

まとめ

今回は、リオキシーの調査をしていきました。

リオキシーは新しい脱毛方式であるからなのか効果が出づらい。
購入前は高速連射をアピールポイントとしているが、実際は熱くなるから単発照射を推奨。

という結果となりました。


業務用脱毛機を探している方は当サイトをしっかりチェックして参考にしてください!
お客様を幸せにさせられる経営をしてくださいね。

脱毛営業マン歴10年の調査員が辛口徹底評価「マスターライト」編

脱毛営業マン歴10年の調査員が辛口徹底評価「マスターライト」編

マスターライト

ビューティーワールドジャパン2019
私営業マン歴10年以上のベテラン調査隊。
そんな私が徹底的に調査してきました。
どんな感じだったのか、どういう機械なのかと気になるところだと思います。
お任せください。
私が詳しく説明していきます。

ブース内雰囲気

ブースはところ狭しと色々な機械が置いてあり、ブース内は体験している人で賑わっていました。
多くの女性のスタッフさんがいらっしゃって、パワーを感じました!
私の担当も元気な女性スタッフでした。

実際の体感

早速照射スペースへ移動して、実体験。
手の甲を脱毛してくれるということで照射をしていただきました。
ちなみに、マスターライトはジェルを使用し光を照射していくタイプの機械です。


オススメの照射方法
マスターライトのオススメの照射方法は体の脱毛時にも「脱毛の光を照射後、フォトの光を照射」というものでした。


「どうですか?」と聞いてくださいましたが、
私が鈍感なのか、残念ながら効果は分からなかったです。

翌日になるともっと分かると言ってくださったのでかなり期待しておりましたが、変化を感じることはできませんでした。

今回の体験としては
フォトフェイシャル効果としては微妙かなと感じました。

体感

体感としては少し熱め。
パワー量は弱いということでしたが、少し熱く感じました。

IPL脱毛で感じる体感と言った感じですね。

今回光を当てていただいた箇所は手の甲でしたが、乾燥のせいで余計感じたのか?
「熱さと若干のひりつき」があったため、VIO施術時は耐える必要があるかなと感じました


ここ最近は「効果もあるけど痛さなし」という機械も出ているため、もしかしたら「痛さに耐えられます!」というお客様相手になってしまうかもしれません。
お客様は、痛さに耐えられず解約するという人も多くいらっしゃいますからね。


IPL方式ですが、産毛も効果

IPL方式ですが、産毛も効果はあります!と言われました。
パワーを強くすれば効果は出ます!!と担当の方はおっしゃっていらっしゃいました。

ちなみに、
「超強力なパワーで施術すれば、その場で抜けの実感ができる。」とのこと。
この機械はそんなに凄いですよと。


パワーを強くすればその場で抜け感を実感できるいうことを初めて聞いたため、体感してみたかったのですが、そのような施術は今回はしていただけませんでした。そのため、当日抜けるか?ということについては効果は不明となりました。

こんなに強くレベルをあげられるのは、この機械ぐらいです!!
と説明してくださいました。

この機械はエステの脱毛機、医療脱毛機ではないため、
一定基準レベルまでのものしか販売されていないと思います。


産毛に対してもレベルをあげれば問題ないということでしたが、
正直なところでいけば分かりづらいかなと思います。
マスターライトは『IPL脱毛機」理論的にいけば難しいですからね。

日本製機械で高性能

電源については100Vか200か選ぶことができます。
デザイン性も高く、黒を基調としているかっこいい機械といった印象です。

クリップは小型なので持ちやすいですが、少し安定感がなかったかなと感じました


今回担当してくださった方は、実際に機械を購入したお客様ということだったため、ご自身の体験談がメインとなりました。
そのおかげですごく魅力に感じましたが、機械の本来の性能についての説明はあまりありませんでした。


とても楽しくお話をさせていただきましたが、一旦は「機械の説明(保証なども含め)」を営業の方がしてくださった後に、購入者様からの実際のトークを聞く」という流れの方がもっと良かったのではないかなぁと思いました。

ただ、そのあと担当の方が勝手に別の方へ価格についての交渉をし始めたのですが、悲しきことにその際の印象がよくありませんでした。

担当者の方が気を利かせてくれたので気持ちとしては嬉しかったのですが、
「こちらが無理にお願いをして、相談されている方が迷惑している」という感じになってしまいました。嫌そうな顔をしていらしゃったので、すごく気まずかったです。


この出来事の前は、会社全体の雰囲気も「良い印象」だったため、嫌そうな顔を見せられたりしたのが残念でした(嫌であっても商売なので笑顔が基本。悟られるのは勿体ないです)

購入者の方の実体験トークがとても楽しく機械が魅力的に感じたため、これに決めようかなと本気で思っていましたが一気に熱が冷めてしまいました
残念。。

それは別として、
オススメしてくれていた「実際のパワー」「フォトの効果」などがまだ体感できていないため、「VIOの痛み」も合わせてまだまだ調査してみたいなぁと思っております。
気になる機械となりました。