脱毛コラム

子供脱毛で心を救う!ムダ毛で悩む子供の悩みを解消するために

子供脱毛とは一体どんなものでしょうか?

成長期のムダ毛対策として、子供脱毛を選択する親子が増えています。繊細な子供の心と体を守るために、脱毛はとても有効です。

 

 

しかし、「いつからできるのか」「安全なのか」など、気になるポイントは色々ありますよね?
この記事では子供脱毛の疑問について、丁寧に答えていきます。

子供が自己処理を続けるリスク

水着や体育の授業がある小中学生は、肌の露出を避けられません。人より多いムダ毛がイジメに発展すれば、子供の心は激しく傷ついてしまいます。

 

しかし、子供の肌は大人よりも薄くデリケートなので、自己処理を続けるのはとても危険です。

 

赤くなったり、ブツブツがでたり、深刻な肌トラブルになることも。親に隠れて自己処理をして、肌を切ってしまう可能性だってあります。

 

「傷が残る」「黒ずみができる」といったリスクもあるため、自己処理を何度もくり返すのはNGです。根本的な解決を目指すなら、毛を減らす子供脱毛を検討しましょう。

何歳から脱毛はできるのか

子供のムダ毛が増え始めるのは、二次性徴が始まる1013歳くらいです。ただし、遺伝や体質によってもともと毛が濃い子供もいて、もっと低い年齢で悩んでいるケースもあります。

 

脱毛サロンには年齢制限があり、一般的には16歳以上が対象です。
しかし、子供脱毛を実施しているサロンなら、小学生からでも施術ができます。

 

なかには7歳から脱毛できるサロンも。
年齢制限はサロンによって差があるので、先に調べておくと安心です。

負担が少ないSHR脱毛がおすすめ

繊細な子供の肌は大人と同じ方法では脱毛できません。色素に反応するタイプのIPL脱毛やSSC脱毛だと、パワーを弱くして施術をする必要があります。

完了するまでの回数が多くなるので、脱毛が終わるまでにかなりの期間がかかります。強い熱を使うことによる肌への負担や痛みもあるため、小さな子供には向いていません。

 

しかし、SHR脱毛(蓄熱式)は毛を生やす部分に直接作用する脱毛方法です。強い熱を使用しないため、痛みや肌への負担はほとんどナシ。火傷や肌トラブルのリスクがないので、デリケートな子供の肌でも安全に脱毛ができますよ。

 

また、SHR脱毛には、地黒や産毛への効果が高いという特徴があります。部活や外遊びで小麦色の肌になったお子さんにもおすすめです。

小学生や中学生でも安全に脱毛ができる

子供脱毛はムダ毛に悩む親子の味方です。

コンプレックスの解消から、自己処理による肌の負担軽減まで、子供脱毛には色々な効果が期待できます。

 

子供脱毛に力をいれていきたいと考えている場合は、業務用脱毛機を選ぶ際に、子供脱毛が可能か確認してくださいね。

子供脱毛が可能なサロンにして、沢山の悩める子供さんを救ってあげてくださいね。

脱毛コラムカテゴリ 最新記事