脱毛コラム

比較4種の脱毛方法「IPL」「SHR」「SSC」「THR」何が違うの?

一番定番「IPL脱毛」インテンスパルスライト

脱毛と言えば、一般的にこのIPL脱毛法と言えます。

インテンスパルスライトという特殊な光を照射し、その光が毛根のメラニン色素に反応してダメージを与え減毛する方式です。

【特徴】

色素反応していくため、黒い色の毛にはよく反応する。

色素がない毛は苦手。

毛周期にあわせた施術が必要なため、23カ月に1回の施術。

終了までに23年かかる。

輪ゴムではじかれるような痛み。黒い色に反応するため、毛量が多いと痛みを感じやすい。                                                  

全身脱毛施術時、単発方式なのでかなり時間がかかっていましたが、最近は連射式IPL脱毛もでてきたため、施術時間が1時間強で可能な機種もあります。産毛の満足度が下がってしまうかもしれませんが、黒い色の毛や初めての脱毛で毛量が多い場合は綺麗になったと実感を感じやすい一番ポピュラーな脱毛方式です。

連射式と画期的な方法で出現した「SHR脱毛」スーパーヘアリムーバル

単発で照射が当たり前だった脱毛から、蓄熱連射式として現れたSHR脱毛今、一番人気のある脱毛法です。
SHR脱毛は、先ほどのIPL脱毛とは全く違い、メラニン色素ではなく毛を作る組織を含めた毛包全体に熱を連続で与えて蓄熱し、毛の再生をしにくくする脱毛法です。

 

【特徴】

毛包に作用していくため、色素が関係せず、色黒肌・日焼け後の肌へも施術可能。産毛や細い毛などにも効果を発揮。

毛周期に合わせる必要はないため、最短2週間で施術可能。

終了までに早ければ半年~1で終わる。

弱めの光を蓄熱していくため、肌負担が少ない

痛みも感じにくい

 

SHR脱毛は基本的に連射式です。連射式のため、熱量がしっかりでているかが重要になっていきます。

やり方によってはお客様が雑に感じてしまうとか、機種によっては熱量が弱すぎて毛包へアプローチできず、効果を感じることができないということも聞きます。
熱量に関しても、いろいろなメーカーから
SHR脱毛機がでていますので、見比べてみてください。

「SSC脱毛」スムーススキンコントロール。こちらは機種限定の方式

基本的にはIPL脱毛法と同じで毛根に働きかけていく脱毛法。特殊なのは、専用のジェルを使用するということ。

ジェルには、抑毛効果を発揮するジェルビーンズが含まれており、光をあてると反応し、そのジェルビーンズが毛穴に浸透し、抑毛効果を発揮

【特徴】

IPLと同じ脱毛法。

プラスαとして、お肌負担が少なく、施術後のやけどや炎症といった肌トラブルの心配がない

専用ジェルによって、抑毛効果がupされる。

このジェルの上から照射することによってジェルに含まれている美容成分が穴まで浸透し美肌効果を得ることができる。

 

回数は同じように必要となり、毛周期も関係するため、期間と施術時間がかかります。ただ、負担が少なく、お肌を綺麗にできるため、大手で採用。デメリットとしては、ランニングコストが高いので、導入の際はメーカーの方と料金プランをよくご相談ください。

「THR」サーモヒートリムーバー。新しい脱毛式

THR脱毛は聞いたことがない方も多いかもしれません。

蓄熱連射式脱毛法で、SHR脱毛と基本的には同じ方法になります。

 
【特徴】

SHR脱毛と同じ脱毛法。

THR脱毛は連射しても安定した効果を維持することができる。

往復が不要である。

 

往復不要!産毛もok!なら、短時間施術も可能になるし、機能的には素晴らしいと思います。ただ、最新の脱毛法ということもあり、歴史が浅いため、実績やデータがないのが弱点と言えます。

 

各社いろいろな種類の脱毛を扱っています。

脱毛効果が一番大切になりますので、どれを選択するかしっかりと話を聞いてくださいね。

脱毛コラムカテゴリ 最新記事