脱毛コラム

脱毛営業マン歴10年の調査員が人気シリーズを徹底検証【ルネッサンス】編

安心と信頼のルネッサンスシリーズを調査!

脱毛機業界で安定の売り上げを見せている、ルネッサンスシリーズ。

2019年10月に大阪市で行われた【ビューティーワールドジャパンウエスト】でも、ルネッサンスシリーズの全4種の脱毛機が展示販売されていました。

脱毛営業マン歴10年の調査員である私も、さっそくルネッサンスシリーズを調査。ルネッサンスGTRをはじめとした4種の脱毛機を、じっくり検証してまいりました。

エステ機能が充実しているルネッサンスGTR
剛毛もしっかり脱毛できるルネッサンスUOMO

デリケートゾーンに特化したルネッサンスLUNA
スピーディ脱毛ができるコンパクトなルネッサンスBANBI

この中でも、メーカーのイチオシは【UOMO(ウオモ)】なのだそうです。メンズ脱毛もお手のもの・女性に嬉しい美肌機能もある、まさにオールマイティな脱毛機といえるでしょう。

この記事では、ルネッサンスUOMOをメインに、脱毛サロンオーナーに根強い人気を誇るルネッサンスシリーズを徹底検証していきます。導入を検討しているサロンオーナーのみなさんは、ぜひ参考にしてください。

 

ルネッサンスシリーズのイチオシは【UOMO(ウオモ)】

かつては女性だけの領域だった脱毛ですが、現代では、男性もごく当たり前に始めるようになりました。そんなメンズ脱毛に人気の機種が、ルネッサンスUOMOです。

早速、その詳細を確認していきましょう。


UOMOの本体価格は400万円


ルネッサンスUOMOは、本体価格400万円です。業務用脱毛機の平均価格はだいたい300~400万円くらいなので、UOMOは相場よりやや贅沢な感じですね。

脱毛以外の機能もついているので、決して高額ではありません。

ちなみに、ルネッサンスGTRは本体価格390万円です。


脱毛方式はIPL


ルネッサンスUOMOの気になる脱毛方式は、IPLです。

脱毛サロン業界では主流ともいえる脱毛方式で、成長期の黒い毛が特殊な光を吸収し、毛根にダメージを与えて脱毛(減毛)していくというものです。

皮膚表面にムダ毛が生えてくるのを待つ必要があるので、施術は2~3ヶ月に1回のペースが基本となります。


1つのハンドピースで3つの機能


ルネッサンスUOMOは、ハンドピースが1つしかありません。施術内容によってハンドピースを変える必要がなく、機械本体の切り替えで3つのメニューを施すことができます

●脱毛(ヒゲ脱毛)

●フェイシャルケア
●ボディケア

男性のガンコなヒゲも脱毛することができる上、フォトモードで全身トータルケアができるので、サロンのメニューを増やしたりセットプランを作ることも可能です。

近年は美意識の高い男性が多いので、需要は充分にあるのではないでしょうか?

 

~エステ全般ならルネッサンスGTRがおすすめ~

ちなみに、女性向けの総合美容サロンを目指しているオーナーにおすすめなのは、ルネッサンスGTR。こちらも1つのハンドピースで、脱毛/フェイシャルケア/ヒップアップ/バストケアが可能です。

UOMOは、脱毛をメインに、エステメニューもプラスできるといった立ち位置。GTRは、脱毛だけではなくエステメニューもセットにして売り出せるイメージですね。


照射の速さと1ショットあたりのコスパ


次は、ルネッサンスUOMOの照射スピードについて。

脱毛も全身となるとかなり時間がかかりますから、多くの脱毛機は連射機能を備えています。UOMOの連射は、1秒間に2発。とても速いとはいえませんが、遅いわけでもありません。平均的な速度という感じでしょうか。

全身脱毛だと、最速40分になります。施術時間のスピードはベッドの回転率とイコールですから、ここはかなり重要ですよ!


女性の脱毛ももちろんOK


メンズ脱毛に特化した脱毛機という形で売り出されているUOMOですが、女性の脱毛ができないというわけではありません。男性の剛毛にも対応できる脱毛機ですから、女性のムダ毛もラクラク脱毛できます。

メンズ専用サロンでも、女性専用サロンでも、両方大丈夫な脱毛機なんですね(脱毛は美容の中でもデリケートな分野なので、男女兼用サロンはあまりおすすめしません)。

 

株式会社コンフォートジャパンの手厚いサポートを紹介

ルネッサンスシリーズの販売会社は、株式会社コンフォートジャパンです。ルネッサンスシリーズは純国産の脱毛機であり、他社より長い3年保証。その他、さまざまなサポートが充実しています。


導入前のデモ体験


初めて脱毛機を導入するという人にとって嬉しいサービスが、導入前のデモンストレーション体験。実際に自らの肌に照射してもらい、痛みや刺激を体感することができます。

照射の感触がどんなものかわからないまま接客をするのと、出力によってどのくらいの刺激があるか知ったうえで接客をするのとでは、大きな違いがありますよね。

サロンスタッフが実際に試しているというだけで、サロンの評価が上がること間違いなしです!


導入講習と開業支援


株式会社コンフォートジャパンでは、ルネッサンス導入後すぐの講習や、復習としてのフォロー講習を専任スタッフが行っています。セミナーも随時開催されているので、不安のない状態でサロンを開業することができます。

また、脱毛サロンの新規開業にあたり、メニューの金額や集客へのアドバイスも。サロンオーナーと二人三脚でお店を支えてくれる、心強い存在です。

コンフォートジャパンの公式HPには、顧客専用ページもあり、有益な情報をつねに発信してくれています。


アフターフォローも充実


ルネッサンスシリーズは保証期間が3年であることに加え、トラブル時の対応もスピーディ。故障の報告や修理の依頼は、土日祝日でもOKです。

最短で即日、代替機を届けてくれるのでサロンをお休みする心配もありません。

また、生産物賠償責任保険加入済みのため、万が一のトラブルが発生した場合は保険対応が可能です。


シュガーリング【PANDHY’S(パンディーズ)】とは?

さて、ビューティーワールドジャパンウエストでは、脱毛機に加えて【パンディーズ】というシュガーリングアイテムもありました。IPL脱毛では効果が薄いといわれる、産毛・金髪・白髪の脱毛ができるアイテムです。


肌トラブルが少ないシュガーペースト


シュガーリングとは、水・砂糖・レモン汁を煮詰めたペーストで脱毛をすることです。

パンディーズは、脱毛効果を下げてしまうレモン汁を含まない、水と砂糖だけのシュガーペースト。100%自然素材の無添加製品です。

脱毛機と違い、パンディーズは幅広い肌質・毛質に対応することができます。ライトを照射する時のような痛みもなく、肌トラブルのリスクも軽減されています。

ルネッサンスとの併用も可能


なぜここでパンディーズの話かというと、脱毛機との併用が可能ということでデモンストレーションをしていたからです。

毛が抜けてしまうと、IPL脱毛機の光は作用しないはず……。サロンに来店した時に毛が抜けた状態だと、せっかくの照射がムダになってしまいますよね。

結論からいうと、ルネッサンスとパンディーズの併用をするのは、あくまでもパンディーズを「退行期のムダ毛」に対して使うと考えているからだそうです。

脱毛後、1ヶ月半くらいでパンディーズを使用していくと、退行期の毛がなくなってつねにスベスベの状態でいられるというわけですね。ただ、ルネッサンスは毛周期に合わせて照射をしていく必要があるので、成長期の毛も抜いてしまうパンディーズを併用するのは、良いのか悪いのか……。ちょっと疑問が残りました。

脱毛完了後の使用はおすすめ?


メリットとしては、パンディーズは産毛も白髪も脱毛できるということです。ルネッサンスでは、顔や背中の産毛を完ぺきに脱毛するのは難しいですからね。

脱毛期間中にパンディーズを使用するのは、前述したようにやや難点が残ると思われますが、脱毛コース完了後のケアとしてならOKではないでしょうか?

ルネッサンスとパンディーズを併用するのではなく、使い分けるのであれば、違った角度からの集客も見込めるかもしれませんね。

 

ルネッサンスの特性から考えられるデメリット

たくさんの魅力がつまったルネッサンスシリーズですが、導入前にはデメリットも把握しておく必要があります。機能の面で、他社より劣っていると考えられる点が、いくつか見つかりました。


パワー不足…施術に時間がかかる


ルネッサンスシリーズの魅力の1つである、小型ボディ。GTRもUOMOも重量19kgと軽く、女性でもラクラク扱えるところがメリットです。

ですが、小型なだけにどうしてもパワー不足に陥ってしまうリスクも。しっかり効果を出すためには、単発で念入りに狙い打ちしていく必要があります。

結果的に施術に時間がかかるという、大きなデメリットが発生してしまうんですね。


冷却がマイナスにならない…お冷やしが必要


ルネッサンスの冷却機能は0~5℃で、平均2℃くらいです。マイナスにならないので、冷却ジェルや保冷剤などのお冷やしが必要になります。

女性の場合、脱毛サロンの冷却ジェルを苦手としている人がかなりの数に上ります。特に全身脱毛になると、季節にもよりますが身体が相当冷えてしまうようです。

冷却のための消耗品を、つねにストックしておかなければならないという手間もかかります。

※単発の場合は熱くなりません。


コスパが良くない…経費がかかる


サロン経営者にとって、これは看過できない点かもしれません

●連射・・・1ショット0.4円

●単発・・・1ショット1.6円


連射モードはそれほどでもありませんが、単発は1ショットあたりの価格になります。

女性の全身脱毛の場合、最低でも1,500ショットは必要になるので、1回の施術で2,400円。こうして見ると、、正直いってコスパがあまり良くないんですね……。

集客に成功しても、その分経費がかかるので、手放しでは喜べないという結果になってしまいます。


フィルター内蔵…悩み解決に時間がかかる


1つのハンドピースで複数の施術をする際に、肝心なのはフィルターです。脱毛とフォトでは波長が違うため、同じ機械で複数の効果を得たい場合はフィルターを差し替える必要があります。

ところが、ルネッサンスのヘッドはフィルター内蔵。シミ・シワ・ニキビなどに応じてフィルターを変えることができないため、肌の悩みを改善するには少々時間がかかってしまうでしょう。

 

ビューティーワールドジャパンウエストでの雰囲気は?

最後に、私がビューティワールドジャパンウエストで感じた、ルネッサンス展示ブースの様子をお伝えします。

展示ブースには、もちろんルネッサンスの全機種やシュガーリングのパンディーズが並んでいました。それなりに活気があり、やはり注目されている脱毛機だなと感じました。

一番目立っていたのは、UOMOです。メーカー側でも、UOMOが一番のおすすめと話していましたね。GTRを導入している脱毛サロンはすでにありますが、今後メンズ脱毛の需要が高まるにつれ、UOMOをウリにしていくサロンも増えていくかもしれません。

ただ、これは私の主観ですが、案内してくれたスタッフさんがとてもアッサリしている印象でした。質問には答えてもらえますが、終始淡々とした感じでしたね。

まぁ、熱烈に販売促進されてもちょっと困るのですが……。

本気で新しい脱毛機を求めている人にとっては、もしかすると、他のブースの方が魅力的に映るかもしれないなぁ~と、脱毛営業マン歴10年の私は思いました!


まとめ

自宅でカミソリを使うよりも、今は脱毛サロンに通うのが常識です。人のムダ毛を自然と生えなくさせるのは無理ですから、今後も、脱毛サロンの需要は決してなくならないでしょう。それどころか、若い女性だけではなくシニア世代も、キッズ世代も脱毛を始める時代です。

これから脱毛サロンを始める、または自分のお店に脱毛メニューを入れる人にとって、大事なのは脱毛機選びです。高額な投資だからこそ、絶対に損をせず利益につながるものを選ばばなければなりません。そして、高額ではありますが優秀な脱毛機を選びさえすれば、脱毛サロン・美容サロンを成功に導くことが可能になるのです。

そのためには、できるだけ多くの脱毛機を見て比較すること。

当サイトでは、さまざまな脱毛機について1つ1つ詳しく調査しているので、ぜひ参考にしてください!

 

脱毛コラムカテゴリ 最新記事